近鉄大阪線下田駅・JR和歌山線香芝駅近く、日曜日も開いてます! 女性鍼灸師によるやさしい鍼灸で、コリ、痛み、不調を解消します。

9月のお話「五臓の肺について」

9月のお話「五臓の肺について」

朝晩涼しくなり、秋の気配が感じられる今日この頃です。
この時期に注意しなければならないのは、 

乾燥です。 

空気が乾燥してくると、身体の五臓の中の「肺」がダメージを受けやすくなります。 

五臓とは、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の事でしたよね。

◆「肝」・・・「気」を身体に廻らせる働きをする。目や筋肉にも関係する

◆「心」・・・「血」を身体に廻らせる働きをする。
       精神の安定や睡眠に関係する。

◆「脾」・・・「栄養」と「不要物」の運搬の働きをする。
          消化器系や唇に関係する。

◆「肺」・・・「水・潤い」の調節と防御機能の働きをする。
          呼吸器系や排泄や皮膚に関係する。

◆「腎」・・・「精」をしっかり貯める働きをする。
          生殖器系、泌尿器系に関係し、骨耳に関係する。

それぞれの「臓」の働きが低下する事によって、身体は「未病」の状態に傾き、そして「病」が生じるのです。

【肺の働きチェック】

□風邪をひき易い
□咳・痰が出やすい
□のどが弱い
□汗をだらだらとかく
□花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギーがある
□便秘しやすい
□皮膚がカサカサする
□息切れしやすく、呼吸が苦しい
□鼻炎、もしくは鼻がつまりやすい
□声に力が無い

「肺」の働きチェック合計    個  

数が多いほど働きが低下しています。  

~肺を補う食べ物~

大根・カブ・白菜・冬瓜・にがうり・セロリ・こんにゃく・山芋・ラッキョウ
ごぼう・玉ねぎ・にんじん・春菊

みかん・ゆず・バナナ・ぶどう・かき・ざくろ・いちじく・りんご・なし・かりん・うめ・マンゴー・びわ・アボカド・メロン・もも・いちご・ハマグリ・ふぐ・ウニ・くらげ・鶏肉・卵・アヒル・のり・ひじき・シソ・ネギ・しょうが・唐辛子・ニンニク
(薬味として食べてください。ちょこっとだけにしておいてくださいね) 

★注意!
さんま・いわし・さば…など、秋は魚が美味しい季節ですが、
体調が悪い時や妊婦、高齢者は控えた方が良いです。

くれぐれも偏らない事と、食べ過ぎには注意してください。
調理した食べ物が片手に乗る位までにした方が無難です(食品によりますが。。。)
 
乾燥しないように、マスク・保湿クリーム・保湿器の準備を始めましょう!そして水分補給も忘れずに。

さらに今の時期は、早寝早起き(特に寝すぎに注意!)してください。 

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional