近鉄大阪線下田駅・JR和歌山線香芝駅近く、日曜日も開いてます! 女性鍼灸師によるやさしい鍼灸で、コリ、痛み、不調を解消します。

7月のお話「五臓の脾について」

7月のお話「五臓の脾について」

梅雨の雨で『湿気』が『湿邪』となって・・・
夏の暑さで『熱』が『熱邪』となって・・・
体に影響を及ぼします

とくに『湿邪』は『五臓の脾』を傷めます。

五臓とは、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の事でしたよね。

◆「肝」・・・「気」を身体に廻らせる働きをする。目や筋肉にも関係する

◆「心」・・・「血」を身体に廻らせる働きをする。
       精神の安定や睡眠に関係する。

◆「脾」・・・「栄養」と「不要物」の運搬の働きをする。
          消化器系や唇に関係する。

◆「肺」・・・「水・潤い」の調節と防御機能の働きをする。
          呼吸器系や排泄や皮膚に関係する。

◆「腎」・・・「精」をしっかり貯める働きをする。
          生殖器系、泌尿器系に関係し、骨耳に関係する。 

それぞれの「臓」の働きが低下する事によって、身体は「未病」の状態に傾き、そして「病」が生じるのです。

 

「脾」の働きチェック

□口内炎ができやすい
□食欲が無い、もしくは食べ過ぎる
□胃腸が弱い
□お腹がよく鳴る
□下痢もしくは軟便気味
□食後眠くなる
□身体が重く、だるい
□むくみやすい
□不正出血がある
□甘いものが欲しくなる 

「脾」の働きチェック合計    個

チェックの数が多いほど、働きが低下しています。
この時期は『脾』が痛みやすいので気をつけてくださいね。  

~~~脾を補う食べ物~~~

ニンジン・大根・レンコン・芋類・こんにゃく・白菜・セロリ・シソ・かぼちゃ・なす・きゅうり・苦瓜・豆類 
桃・メロン・梅・イチジク・バナナ・オレンジ ・棗・米・麦
鯛・ヒラメ・サバ・太刀魚・鱧(ハモ)・ホタテ貝・アサリ・ハマグリ・イカ・エビ・タコ・鳥肉・卵・アヒル

身体に余計な水分をため込まないように、手足をしっかり動かして、汗をかくようにしましょう

甘い物・生もの(お刺身)・脂っこいもの・乳製品はなるべく避け、胃腸に負担の無いような食生活を心掛けましょう

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional