近鉄大阪線下田駅・JR和歌山線香芝駅近く、日曜日も開いてます! 女性鍼灸師によるやさしい鍼灸で、コリ、痛み、不調を解消します。

6月のお話「湿邪と暑邪について」

6月のお話「湿邪と暑邪について」

そろそろ梅雨入りですね。
この時期に気をつけたいのは『湿邪』です。

『湿邪』は陽気を傷つけ、『気の流れ』を阻害します。
・湿度の高い場所にいた時
・様々な原因で、気・血・水の流れがスムーズに巡らず、体内に水が停滞した時 (これによってさらに、巡りが悪くなる)

季節的には今ですね。梅雨~湿度が高くなる時期に「湿邪」が身体に影響を及ぼします。

 

【湿邪の症状】

冷え・めまい・胸のつかえ・腹部脹満・食欲不振・頭重感・浮腫・下痢・筋肉痛・関節痛

湿邪は症状が長引きやすくなる。

五臓の『脾』は特に、この「湿邪」を嫌います。

「湿邪」によって働きが悪くなりやすく、『脾』の働きが悪くなると消化が悪くなり、ますます悪循環に陥ります。

 

【気をつけたいこと】

風通しを良くし、楽しむ事を心がけ、精神的に思い悩むことを控える。

消化の良い食べ物を食べ、生もの・冷たいものをとり過ぎないように気をつける。

~~~湿邪に対するオススメの食べ物~~~

生姜・ネギ・紫蘇・三つ葉・ハトムギ・とうがん・豆類・米・とうもろこし・長芋・じゃが芋・かぼちゃ・インゲン・キャベツ・鶏肉・牛肉・サバ

 

【暑邪の症状】

さらに、夏真っ盛りの今日この頃、気温が上がり、自然は成長し栄える季節です
もちろん「暑さ」にも気をつけて下さいね。
『暑邪』は身体の気を上昇させ、「熱の症状」が出やすくなります

◆顔の赤み・のどの渇き・多汗・舌質赤・尿が濃く、少なくなる・体の火照り…の症状が出る

暑さによって体に必要な水分(津液ともいう)が奪われると、

◆不眠・多無・吐き気・動悸・怒りっぽくなる・イライラ…の症状が出る

  

暑邪に湿邪が加わると

◆疲れ・だるさ・ムクミ・下痢・食欲不振…の症状が出る

  

【夏の養生法】

夜は遅く寝て、朝は早く起きる。日の長さや暑さを嫌がらず物事にイライラせずゆったりとすごす

暑さや発汗によって、体力を消耗しすぎたら、ゆっくりと休む

~~~暑邪に対するオススメの食材~~~
セロリ・白菜・にがうり・レタス・ナス・きゅうり・トマト・豆腐・メロン・スイカ・薄荷(ミント)・緑豆・茶

★冷たいもの・脂っこいもの・甘いもの・味の濃いものを避ける

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional